toggle
2019-06-28

行き届いているということ

先日お休みを頂いて日帰りで温泉に行ってきました
行先は大正時代の建物の面影を残した湯治場

かけ流しのお湯にゆっくりつかり
部屋に戻り
広縁と和室を仕切る障子の桟に濡れたタオルをかけ
ひとやすみ

 

もう一回温泉に入ろうと
障子の桟にかけたタオルを手にとりました

手にしたタオルには埃ひとつもついていません

お客様をお通しするお部屋ですから
当たり前といえば当たり前なこと

でも桟にタオルをかけなければ
気づくことのない場所です

 

気持ちが行き届いているということは
こんな形でお客様に届く

 

お湯もとても素晴らしいお宿でしたが
それ以上に
お宿のみなさんの気持ちがとても素敵なお宿でした

 

心を配る

気持ちを配る

 

わたしたちの仕事でも

とても大切なことを教えていただきました

関連記事