toggle

カーペット洗浄

工程(1)
作業前に物の移動・安全の確保作業スペース確保と事故防止の為、事前にものを移動致します。
清掃資材を置かせて頂く場合、マット等の養生をご用意させて頂き、跡を残さないような工夫もしております。

工程(2)
除塵ホコリや食べかす、歩行により外から入り込んだ土砂等をまず掃除機をかけて、綺麗に吸塵します。

工程(3)
シミの除去汚れている箇所を全体の洗浄をする前に処理を致します。

工程(4)
前処理全体の洗浄前に前処理剤を散布します。散布する事により汚れを浮かし、汚れを落ちやすくします。

工程(5)
ポリッシャー洗浄カーペット専用のブラシパッドを使用し、ポリッシャーで全体的な洗浄致します。
作業中にブレーカーを落としてお客様にご迷惑をおかけしないよう、15A以上の電流が流れると自動的にスイッチが切れる簡易ブレーカーを装着して、作業致します。

工程(6)
汚水の処理エクストラクターを使って汚水をバキュームし、同時に消泡剤を噴霧しながらすすぎます。
その際に発生した汚水もバキュームしていきます。取り切れていないシミについては、再度シミ処理を行います。

工程(7)
復旧事前に移動していたものを戻して復旧作業を行います。※このタイミングではまだカーペットが濡れている為、段ボール等の濡れてはいけないものについては、ご迷惑にならない机の上等に置かせて頂きます。