toggle

床洗浄・ポリッシャー洗浄

工程(1)-作業前に物の移動・安全の確保-
作業スペース確保と事故防止の為、事前にものを移動致します。
清掃資材を置かせて頂く場合、マット等の養生をご用意させて頂き、跡を残さないような工夫もしております。

工程(2)
除塵ホコリや食べかす、歩行により外から入り込んだ土砂等をまず掃除機をかけて、綺麗に吸塵します。

工程(3)-洗剤の調合-
汚染度や床の部材に応じて、適正洗剤を選び、洗剤の希釈濃度を調節します。

工程(4)-洗剤の塗布-
洗剤を先に塗布する事により汚れを浮かし、汚れを落ちやすくします。

工程(5)-ポリッシャー洗浄-
複数あるパッドの中から汚染度や床の部材に応じて、使用するパッドを選び、ポリッシャー洗浄を実施します。
ポリッシャーの当たらない隅の汚れについては、手擦りで汚れを落とします。
この際にヒールマーク等の汚れがある箇所は念入りに作業をします。
また、作業中にブレーカーを落としてお客様にご迷惑をおかけしないよう、
15A以上の電流が流れると自動的にスイッチが切れる簡易ブレーカーを装着して作業致します。

工程(6)
汚水の処理フロアスクイジー(かっぱぎ)又は吸水バキュームで作業後の汚水を回収し、水モップ等で拭きあげます。

工程(7)-乾燥-
床面が濡れている状態でワックスを塗ると乾燥が遅くなったり、
ムラになったり、仕上げが上手にできないケースがありますので、
ワックスを塗布する前に十分に乾燥させます。

工程(8)-ワックス塗布-
ワックスがかすれないよう注意しながら、
奥の方から出口に向かってワックスを塗布していきます。
髪の毛やゴミをワックスに巻き込まないよう注意しながら塗っていきます。

工程(9)-乾燥-
送風機やエアコン等を使って乾燥させます。この際に歩行してしまうと足跡がつく恐れがある為、
原則的には歩行を制限させて頂いております。

工程(10)-復旧-
事前に移動していたものを戻して復旧作業を行います。